友理著作一覧

友理 著作一覧

※お買い求めはこちらのページからどうぞ。(通販一覧)

 

詩集『長編詩 雨の巨人』

 

Photo_3
 

 雨音のなか、

千年の歴史をつらぬき、

巨人が、

大きな生きものが、

老鳥が、

貉たちが、

家郷の結界に跳梁する!

物の怪と土俗的音響(オノマトペ)に

あふれる現代の奇譚!

(帯文より)

 

帯文= 宗近真一郎

装幀=井原靖章

イラストレーション=井原由美子

発行所=響文社

ISBN=978‐4‐87799‐144‐9 C0092

本体価格1800円+税

2018年10月30日刊

★★★★★★★★★★★★

CD「友理のゴットン節」

 

Photo_2

 

1976年の炭坑閉山から約40年、明治・大正時代の筑豊炭田で盛んに唄われ、昭和初期、ボタに埋もれた現場の唄、「ゴットン節」。

いま改めて掘り出されるブラックダイヤ!無辜の民の聲!

 

全4曲(11分)

ミキシング&マスタリング= Na Seung Chul

装幀= Shinya Murakawa

収録スタジオ=NORIKI STUDIO

本体1000円+税

JAN4580512570018

2018年7月刊

★★★★★★★★★★★★

詩集『子取りの産声』

20111101_2

小さな箱に 入るだけの霧を入れましょう

 

では次に装飾をしてみましょう

筆にたっぷりの水を含ませて

霧に色を垂らすのです

 

「前世へ、未生以前へ、未練がましく、ときに呪詛の言葉を吐き出しながら激しく遡ってゆくかのようなこの詩集の魅惑的なカオスの中で、柴田さんもいまそのような空白、恐怖の源泉と向き合っているのだろう」(吉田文憲)。「陥没夜」「流刑地にて」「醒め遣らぬ、」「ある狂人の日記」「子取りの産声」、生の転生と飛翔をイメージ豊かに描く第1詩集。

 

帯文=吉田文憲

解説=吉田文憲

装幀=二月空

発行所=思潮社

ISBN=978-4-7837-3273-0

本体価格2200円+税

2011年10月31日刊

 

2018年12月31日 (月)

2018年、お世話なりました。

大晦日。皆さま、今年も大変お世話になりました。
今年は本当にたくさん出来事があり、息をつく暇がないように思えましたが、終わってみれば、なーんにもしていなかったようにも思えます。

しばらくおやすみをいただいていた「詩人の聲」の復帰から始まり、名古屋への引っ越し、5時間に渡るCDの収録、収録中にはチョットしたハプニングがあり、エライことになるところでしたがなんとか命拾いしました💦その節は亀井さん、Naさんお世話になりました💦

7月にはラジオ出演、そしてCD「友理のゴットン節」のリリース、10月の第2詩集『雨の巨人』の刊行、そして初めての親の死。

今年3月に父に見つかった小さなちいさなしこり。初期であったはずのそれは瞬く間に巨大化して全身に散らばり、わたしの30歳最後の日に父との人生が終わりました。

わたし、兄、バージンロードを共に歩いた妹の結婚、そして弟の大学卒業、就職とおめでたいことか続き、子育てが終わったと喜んでいた矢先のことでしたが、何となく父が父としての役目を終えるまで神さまが父の寿命を延ばしてくれていたような気がしてなりません。

父のお葬式の日には飯塚中の文具店から御香典袋が無くなり、隣町や色々な地域から足を運んでくださった方々もいたり、親しい友人からや友人のご両親からは飯塚のボスがいなくなったようで悲しい」「亡くなったっと聞いて落ち込んだ」との言葉をかけていただき、如何に父が愛されていたかを知りました。

成人してから家族全員が集まることは一年に2回ほどになっていたのですが、今回のことで兄妹や親戚たち、嫁ぎ先の両親や、妹の義両親までが一丸となって動き、絆が一気に深まりました。

イザというときはみんなが助けてくれる、という1番大切なこと、しかし1番気づきにくいことを、父が死を持って教えてくれました。

生と死を思い切り駆け抜けたこの一年は、とても良い一年でした。

来年も良い年になりますように。
皆さま、来年もよろしくお願いいたします!

40cff77f95a7466a8093733adea2417f


2018年12月27日 (木)

詩人の聲公式ブログ「詩人の聲・公演記録」に、12月分を追加しました。2018年詩人の聲イベント振り返り。

ブログ詩人の聲・公演記録」に、12月分を追加しました。昨日の詩人筏丸けいこ公演で全126公演が無事に終了致しました。

詩人の聲公式ブログ「詩人の聲・公演記録」はこちらから。

今年の初参加は最年少詩人Shieさん、葉山美玖さん、長谷川雅代さん、原利代子さん。

今年はプロデューサー天童大人さんの「KATHK文学賞2018」受賞(バングラディシュで開催された「ダッカ国際詩人サミット2018」、1月30日〜2月3日)また6月6日~10日の間、アルゼンチンで開催された第13回ブエノスアイレス国際詩祭参加から始まりました。

7月からは、天童さん、神泉薫さんによるラジオ番組「VθEME!現代の詩の聲とコトバを聴く!VθEME」(調布FM)開始。 7人の詩人が出演。(2018年12月時点)

9月にshieさんの個展「Petrichor」、
11月に壷井繁治賞詩人の勝嶋啓太さんによる初めての個展《自由が丘に かいじゅうが 立っていた~勝嶋啓太の世界」展》を開催。

11月に先達詩人菊田守さんが詩集『ふるさと鷺宮の唄』(詩人の聲叢書第4巻、響文社、11月30日)を刊行されるなど、イベントの多い一年となりました。
プロジェクトは12年目に入り、1732回を刻みました。

2019年に続きます。来年もよろしくお願いいたします!

2018年12月26日 (水)

友理著作・通販一覧

こちらは、友理の著作物の通販ページ一覧になります。
各項目をクリックしてお求めくださいませ。
よろしくお願いいたします。
※なお、第一詩集に関しましては、わたくしのほうでは販売終了となっておりますので、Amazonもしくは思潮社HPからお買い求めくださいませ。

Photo_4
1_3

2018年12月25日 (火)

次回の「友理の聲・詩人の聲」のお知らせです。

第59回 

友理の聲・詩人の聲 Projet La Voix des Poètes 第1721回

長編詩『雨の巨人』刊行記念回、
そして2019年最初の「友理の聲・詩人の聲」を自由が丘で開催致します。
2018年10月30日に響文社より刊行致しました、第2詩集『雨の巨人』を全編聲に乗せます。
天にまで届くように、誠心誠意聲を撃ち込みたいと思います。
23歳から聲を撃ち続け、20代のまとめとなったこの一冊は、「詩人の聲」なくしては完成しませんでした。この8年間が凝縮された一時間をお楽しみください。
よろしくご来聴くださいませ。

※長編詩『雨の巨人』の詳しいページはこちら
※CD「友理のゴットン節」の詳しいページはこちら

591_4
59_2




日時:2019年1月24日(木)
開演:19:00 開場 18:30
場所:会場:Cache-cache d`Art/カシュカシュダール(ギャラリー)
〒158‐0083 東京都世田谷区奥沢5‐21‐12
東急東横線自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
HP:https://www.facebook.com/CacheCacheDArt/
Tel:080‐3455‐2111(西端)

Access:https://goo.gl/maps/f3xKd22Kt7q

●入場料:予約2,500円 当日3,000円 学生1,500円(学生証提示)

●ご予約、お問い合わせは下記のいずれかまで

☆友理
E-mail:yuri.shibata11@gmail.com

☆会場:Cache-cache d`Art
〒158‐0083 東京都世田谷区奥沢5‐21‐12
東急東横線自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
HP:https://www.facebook.com/CacheCacheDArt/
Tel:080‐3455‐2111(西端)

☆北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
℡ 03-5982-1834  Fax 03-5982-1797
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com



※長編詩『雨の巨人』2018年10月30日、響文社より刊行!

雨音のなか、
千年の歴史をつらぬき、
巨人が、
大きな生きものが、
老鳥が、
貉たちが、
家郷の結界に跳梁する!
物の怪と土俗的音響(オノマトペ)に
あふれる現代の奇譚!
(帯文より)

ご予約・お問合せ=yuri.shibata11@gmail.com
通販ページ=http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/2507994/2513260/124828990
著者=友理
帯文= 宗近真一郎
装幀=井原靖章
イラストレーション=井原由美子
発行所=響文社
ISBN=978‐4‐87799‐144‐9 C0092
本体価格1800円+税
2018年10月30日刊
現取り扱い場所=カシュカシュダール(自由が丘)、ブックカフェ二十世紀(神保町)、三省堂神田神保町本店、けやき書店

※CD「友理のゴットン節」(解説付き)7/20(金)リリース!
1976年の炭坑閉山から約40年、明治・大正時代の筑豊炭田で盛んに唄われ、昭和初期、ボタに埋もれた現場の唄、「ゴットン節」。
いま改めて掘り出されるブラックダイヤの唄!無辜の民の聲!

ご予約・お問合せ=yuri.shibata11@gmail.com
通販ページ=http://yu-rishara.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/cd-d70b.html
全4曲(11分)
歌唱=友理
ミキシング&マスタリング= Na Seung Chul
装幀= Shinya Murakawa
収録スタジオ=NORIKI STUDIO

本体1000円+税
JAN4580512570018
2018年7月刊

現取り扱い場所=ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、カシュカシュダール(自由が丘)、ブックカフェ二十世紀(神保町)、Star Poets Gallery KYOTO(二条)

2018年12月12日 (水)

友理第二詩集『第2詩集 雨の巨人』通販ページ

こちらは、第2詩集『長編詩 雨の巨人』通販ページですが、CDやその他書籍のご購入も可能です。

ご予約、お問合せ、ご注文方法は、以下の3つの詳細をご覧くださいませ。第二詩集の詳しい情報はこちらから。CD情報はこちらからどうぞ。

Dq5glrmuwaewkdv

以下詳細↓↓↓

★詩集『長編詩 雨の巨人』(響文社、2018年10月30日刊)

著者=友理

帯文= 宗近真一郎

装幀=井原靖章

イラストレーション=井原由美子

発行所=響文社

ISBN=978‐4‐87799‐144‐9 C0092

本体価格1800円+税

2018年10月30日刊


●通販について●

 

メールにて受け付けております。

FBTwitterからのメッセージ、DMでも受け付けております。

FBTwitterのメッセージ、DMに、メールアドレスを記入したくない方は、直接メールでお問合せください。)

 

友理のメールアドレス

 ・yuri.shibata11★gmail.com

(★を@に直してからお使いください。)

 

件名

「通販希望」と、お書きください。

 

本文

・ご希望書籍、CD等のタイトルと数

 (完売した場合は受け付けできませんのでご了承ください。)

 

・ご住所、お名前、電話番号

 (郵送になりますので、ご本名、もしくは配送可能なお名前をお願いいたします。)

 

・返信用アドレス

  (必須です。ご注文いただきましたら、メールに口座番号をお知らせします。)

上記の事項を間違いのないようご記入し、お送りください。

 

●振込金額について●

 

振込金額は、ご注文品の税込価格+送料です。

(日本郵便のクリックポストをメインに使用します。クリックポストの規定を上回る場合は、レターパック等を使用しますので、その際の送料は変動いたします。クリックポストの送料は、一律税込185円です。)

クリックポストHP(日本郵便)

 

●お支払方法について●

 

お支払方法は銀行振込となっております。

(振込手数料はお客様負担とさせていただきます。)

 

通販の受付・確認・本の送付の際は、メール、メッセージ、DMのいずれかにてお知らせしますので必ずご確認ください。

(ご注文時にいただいた媒体にお知らせします。)

 

ご入金確認次第、郵送いたします。領収書が必要な方は、注文時にお申しつけください。同封いたします。

 

個人情報は、無事に通販終了したのを確認後、削除いたします。

 

不備・ご不明な点がありましたら、いつでもご連絡ください。

 

★現在、第一詩集『子取りの産声』は、わたくしの方では販売終了となっております。アマゾン、もしくは思潮社のHPからご購入ください。

 

アマゾンHPhttps://www.amazon.co.jp/dp/4783732736

思潮社HPhttp://www.shichosha.co.jp/newrelease/item_576.html

第2詩集『長編詩 雨の巨人』が刊行されました!

ご無沙汰しております。

第1詩集『子取りの産声』(思潮社)からはや7年。遂に第2詩集『長編詩 雨の巨人』(響文社)の刊行が実現しました!通販ページはこちらから。

 帯文は『リップヴァンウィンクルの詩学』で鮎川信夫賞をお取りになった宗近真一郎さん。

装幀は井原靖章さん。

イラストレーション、井原由美子さんです。

とても恵まれた詩集となりました。

ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございます!

税抜1800円となっております。

是非お読みいただければ幸いです。

Dq5glrmuwaewkdv 表紙はこんな感じ。
Dq5glrou0aa1vrv 裏表紙はこんな感じです。
Dsa4r58vyaaw93v

見返しです。

夜の雨を彷彿させるイラストは最高のお気に入りです!

 

 

通販ページは別に投稿させていただきます。

よろしくお願いいたします!

 

雨音のなか、

千年の歴史をつらぬき、

巨人が、

大きな生きものが、

老鳥が、

貉たちが、

家郷の結界に跳梁する!

物の怪と土俗的音響(オノマトペ)に

あふれる現代の奇譚!

(帯文より)

友理著作一覧

通販一覧

2018年9月24日 (月)

CD『友理のゴットン節』が郷土資料に登録されました。

Photo

「飯塚市立図書館」HPより


本日、わたくしの唱CD『友理のゴットン節』が、郷土資料として飯塚市立図書館さんに登録されました!

 

なんと、CDは永年保存となるようです。

 

愛する筑豊の歴史の一部になれたようでとても嬉しく、また恐縮しております。

飯塚市図書館との思い出は、図書館が建設されはじめてから、母に「何が出来るの?」と尋ねたころから始まります。
図書館が完成されてからは、母や兄弟たちと毎日のように出かけ、本をお借りし、母の聲で紡がれる数々のモノガタリを聴いて過ごしました。
幼稚園、小学校、中学校、高校と年齢を重ね、成人しても、飯塚市図書館はわたしの身近にあり、辛いときも蔵書の数々に慰められました。
その歴史の一部の仲間入りが出来ることを心より嬉しく思っております。

 

CDを出すことが出来たのも、唱い続けることができたのも、すべて暖かく見守って下さる皆様のお陰です。

 

いまからがスタート地点。

これからもより一層精進し、詩人、筑豊ゴットン節の唱い手の名に恥じぬよう生きていきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

友理 拝

飯塚市立図書館HP

http://www.iizuka-library.jp/

 

CD通販ページ

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typec…/2507994/2513260/122039479

2018年9月13日 (木)

次回の「友理の聲・詩人の聲」のお知らせです。

第58回 

友理の聲・詩人の聲 Projet La Voix des Poètes 第1700回公演

 

不穏な天候が続いております。

毎朝四時頃に顔を出し始めていた太陽もいつのまにか一時間ほど寝坊するようになり、ここ数日名古屋の空は青暗いままです。

この分厚く暗い空を聲で拓くことが出来ますように。

祈りを込めて唱い、聲を撃ちます。

どうぞよろしくお願いいたします。



S_105

S_105_2


日時:2018年10月5日(金)

開演:19:00 開場 18:30

場所:ブックカフェ二十世紀(神保町)

101-0051 東京都千代田区 神田神保町2-5-4 開拓社ビル2F

TEL: 03-5213-4853

 

●入場料:予約2,500円 当日3,000円 学生1,500円(学生証提示)

 

●ご予約、お問い合わせは下記のいずれかまで

 

☆友理

E-mail:yuri.shibata11@gmail.com

 

☆ブックカフェ二十世紀(神保町)

101-0051 東京都千代田区 神田神保町2-5-4 開拓社ビル2F

Access:https://goo.gl/maps/DRUEQc973HC2

HP: http://jimbo20seiki.wixsite.com/jimbocho20c

FB:https://www.facebook.com/bookcafe20seiki/

TEL: 03-5213-4853

 

☆北十字舎 / Tendo Taijin Bureau

℡ 03-5982-1834  Fax 03-5982-1797

E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com

 

 

※CD「友理のゴットン節」(解説付き)7/20(金)リリース!

1976年の炭坑閉山から約40年、明治・大正時代の筑豊炭田で盛んに唄われ、昭和初期、ボタに埋もれた現場の唄、「ゴットン節」。

いま改めて掘り出されるブラックダイヤの唄!無辜の民の聲!

 

ご予約・お問合せ=yuri.shibata11@gmail.com

通販ページ=http://yu-rishara.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/cd-d70b.html

全4曲(11分)

歌唱=友理

ミキシング&マスタリング= Na Seung Chul

装幀= Shinya Murakawa

収録スタジオ=NORIKI STUDIO

 

本体1000円+税

JAN4580512570018

2018年7月刊

 

現取り扱い場所=ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、カシュカシュダール(自由が丘)、ブックカフェ二十世紀(神保町)、Star Poets Gallery KYOTO(二条)

 

2018年8月 2日 (木)

チラシの裏のデザインを変更しました。

情報が増えたし節目だし、といふことで「詩人の聲・友理の聲」のチラシの裏のデザインを変えるべく奮闘すること3日。(ほかのも作ってたけど…)
一度完成したがまた作り直し、やっぱりさっきの方ががよかったな…だの、もう少し右だの左だのとやっていたらいつの間にかもう朝の四時か…みたいに夜が明け続けていた。
まだまだ改善の余地ありですが今回は試しにこの形にて


572

「VΘEME! 現代の詩の聲とコトバを聴く VΘEME」第5回放送アーカイブ

調布FMラジオ

 

「VΘEME! 現代の詩の聲とコトバを聴く! VΘEME」

 

  5回目 放送分アーカイブです。(201881日、21:302145

出演:禿慶子(詩人)

 

内容:第三詩集『彼岸人(あのひと)』 (勁草出版サービスセンター/1981年8月15日発行)

「ホーランド・ローズ」/「影」/「黒いストッキング」/「時の背中」

 

「VΘEME! 現代の詩の聲とコトバを聴く! VΘEME」Youtube

«CD『友理のゴットン節』サンプル音源